禁煙外来
禁煙支援外来ホームへ

2006年から禁煙治療の一部が保険適応となりました。

対象となる方の条件がある程度かぎられているなど制限はありますが、ぜひチャレンジしてください 

保険適応となる禁煙外来のページあなたも禁煙ををごらんください

この保険適応とならない禁煙外来ももちろん継続しております。以下は従来と同じです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タバコには約200種類もの有害な物質が含まれており、肺がんをはじめとするさまざまな疾患の原因となります。また、タバコはすっている本人だけでなく、煙を吸った周りの人々の健康をも蝕みます。

六甲道診療所では「タバコの害はよくわかっている、が止めるのはたいへん。長続きしない・・・」などお悩みの方にニコチン代替療法などの薬剤を使ってできるだけ苦痛を軽減しながら禁煙のお手伝いをさせていただいております。 

わたしの禁煙体験記    医療生協の機関紙「健康いちばん」に掲載された禁煙体験記を掲載しました。若いお母さんの禁煙体験をぜひお読みください。

       日本禁煙医師歯科医師連盟のページはこちら→http//www.nosmoke-med.org/

兵庫県喫煙問題研究会のページもみてください

保険外禁煙支援外来の概略>

時間帯:原則予約制で約30分程度  

               平日(月・火・水・金)の午後3時30分〜4時にお一人 

               ◆これらの時間帯が無理な場合も相談に応じます

費用 :診察料と薬剤料は次の様に決めております

               ◆診察料には医療生協のご加入していただいた組合員とそうでない方の価格差があります

  診察料


初診

組合員 1,350円
非組合員 2,700円

再診

組合員 800円
非組合員 1,600円

  薬剤料

 タバコにかわって、ニコチンを身体に吸収させて、急な「離脱症状」の出現を緩和させるための薬です。タバコには200種類以上の有害物質が含まれていますが、これらの薬剤にはニコチンしか含まれていませんし、吸収されるニコチンの量は、喫煙で吸収されるニコチンより少量です。一般的には身体に貼り付けるニコチンパッチ(商品名 ニコチネルTTS)を使用します。どの薬剤を使うかは、現在の喫煙量などを参考に決め、徐々にニコチン量の少ないものにへらしていきます。

  薬剤名(商品名) 単価 2週間分の価格
ニコチンパッチ ニコチネルTTS 30 400円/枚 5,600円
ニコチネルTTS 20 370円/枚 5,180円
ニコチネルTTS 10 350円/枚 4,900円
ニコチンガム ニコレット 110円/個  

 標準的なコースでの総費用

 以下に示すようなスケジュールが標準的といわれていますが、各個人ですこしですむ人やたくさん必要な場合もありますが、期間は2ヶ月程度です。

  診察料 薬剤料
1回目 初診料 1,350円 ニコチネルTTS30 14枚(2週間分) 5,600円
2回目 再診料  800円 ニコチネルTTS30 14枚(2週間分) 5,600円
3回目 再診料  800円 ニコチネルTTS20 14枚(2週間分) 5,180円
4回目 再診料  800円 ニコチネルTTS10 14枚(2週間分) 4,900円
合計      3,750円                      21,280円

トップへ

私の禁煙体験記

「百害あって一利なし」言い古された言葉ですがタバコは本当に体に悪いものです。肺がんや喉頭がんはもちろんのこと、生活習慣病にも悪影響を与え、若年層の喫煙は発育にも大きな害があります。地域まるごと健康づくりのためには禁煙運動に取り組むことが何よりも大切です。そこで今回は、六甲道診療所の禁煙外来を受診されて、禁煙に成功されたKさん(六甲北支部)に体験談をお話していただきました。

禁煙のきっかけは

おととし初めて体験した ゼンソクの大きな発作

禁煙する前は一日一箱ぐらい吸っていました。多いときは二箱ぐらい吸っていたこともあります。禁煙に挑戦したこともほとんどない、いわゆるヘビースモーカーでした。私は六甲道診療所にゼンソクでかかっていたんですが、先生にはタバコを吸っていることは内緒にしていました(笑)。今までは大きな発作も無かったのですが、おととしの夏と秋に大きな発作をして、そのとき、「子どももいるのにまだ死ねない」って真剣に思ったんです。それからずっと「タバコをやめたい」と思っていました。

禁煙外来を受診して  

たまたま診療所で見かけた 禁煙外来のポスター

そんなときに、たまたま六甲道診療所で禁煙外来のポスターを見て受診したんです。たしか去年の五月だったと思います。禁煙外来ではまず最初にニコチンの依存度を調べました。私の場合は依存度が中度ということで、先生と相談してニコチンパッチをもらって帰りました。一回で成功したので、実は禁煙外来を受診したのはこのときだけだったんです。

禁煙成功

貼ってるだけで意外と安心 ニコチンパッチ 

最初の三日間は大変でした。経験がある方はわかると思うのですが、一日中ほとんどタバコのことばかり考えていて・・・。ニコチンパッチは二週間毎日貼って禁断症状を軽くするようなのですが、私の場合は張り忘れたりしてしまって、実際には四日間しか使いませんでした。でも貼ってると意外と安心感があるものなんです。
 私の場合、職場は喫煙する人が多いのであんまりいい環境ではなかったのですが、家では誰も吸わないのでそれが良かったと思います。いちばんホッとできる場所にタバコが無かったことが良かったと思います。

禁煙成功の秘訣

「もしこれでだめだったら 一生やめられない。」

ニコチンパッチを貼っても吸いたくなくなるわけじゃないんです。それよりも「禁煙外来を受診してまで私はタバコをやめたいんだ」という気持ちになることが大きかったです。先生と約束したわけじゃなくても「私一人じゃないんだ」という気持ちになって、そんな思いでがんばれました。「もしこれでだめだったら一生やめられない。これが最後のチャンス」そう思えたのが成功した理由だと思います。

禁煙してよかったこと

なんと言っても 子どもが喜んでくれたこと

まず、なんと言っても子どもが喜んでくれたことです。子どもをきれいな空気の中で育ててあげられるようになったことが一番うれしいです。タバコを吸う家庭の子とそうでない子の間には、はじめから差ができてしまうと思います。他にも、味覚が敏感になっておいしく食べることができるようになったり、顔色が良くなったり、いいことがたくさんあります。
 禁煙すると体重が増えるといいますが、私も確かに増えたんですけど、タバコで腸の吸収が悪くなっていたので、ある意味、増えた体重が本当の自分の体重だったのかなと思っています。増えた体重は低インシュリンダイエットでやせようと思っています(笑)。
 それから、タバコをやめてから毎月タバコ代を貯金しています。もうそろそろ一年になるので結構貯まりました。これはタバコをやめた自分へのご褒美と思っているので「今月ちょっとしんどいな」と思っても絶対使いませんよ(笑)。今はオメガの時計が欲しいなって思ってるんです。

タバコをやめたい人へ

危機意識が高まったときに 禁煙外来へ

 タバコをやめてはじめて、自分が病気だったんだなって思いました。「ニコチン中毒」だったんだって・・・。タバコをやめたいと思っている人にとって、禁煙外来って敷居が高いと思うんです。でも、敷居が高いからこそ禁煙外来に価値があるのかなって思います。タバコをやめられない人はきっと危機意識が高まっていないんだと思います。私の場合はゼンソクの発作でその危機意識が高まってやめることができました。タバコを吸うことに危機意識が高まったときに禁煙外来をぜひ受診してみてください。きっかけさえあればタバコはやめられると思います。

トップへ

ホームへ