あなたも禁煙を

禁煙治療の概要

六甲道診療所

2006年4月から禁煙治療が保険適応されることになりました。これは喫煙を単なる習慣や嗜好と考えるのではなく、ニコチン依存症という病気としてとらえ、必要な治療を行うという考え方です。治療は一定(禁煙治療保険給付の条件)の条件を満たした喫煙者なら、どなたでもうけることができます。

★初診の方は極力予約で 水曜日の午後4時〜7時の間でお願いします

1.どんな治療をするの?

受診時期

治療内容

治療前の問診・診療 禁煙治療のための条件確認
初回診療 @診察
A呼気一酸化炭素濃度の測定
B禁煙実行、継続に向けてのアドバイス
Cニコチン製剤の処方
再診1(2週間後)
再診2(4週間後)
再診3(8週間後)
再診4(12週間後)

2.費用はいくらかかるの?

  価格
(点数は×10にして、各保険の負担割合かけるます 3割負担な×0.3)
 初診料や再診料 初診料 270点   再診料 71点
*その他の診療加算の場合があります
ニコチン依存症管理料 初回 (1週目)          230点
2、3、4回目(2、4、8週目)  184点
5回目(最終12週目)       180点
   
薬剤費(これも保険適応になりました 下記のニコチンパッチを喫煙本数などを参考に使いわけますので、サイズによって若干値段がことなります。
処方料・処方箋料 禁煙外来単独の場合は院内でパッチをお渡しします。この場合は処方料がかかります。他の疾患の薬剤もおだしする場合は、院外の薬局で一緒にパッチも処方されるようにしますので、処方箋を発行します。

3.禁煙の薬ってどんなくすり?

禁煙のための補助薬であるニコチンパッチとニコチンガムがつかえます。この薬は、禁煙後の離脱症状をおさえ、禁煙を助けてくれます。薬を使うと禁煙の成功率が薬2倍高まります。

薬剤名(商品名) 単価
ニコチンパッチ

●処方箋を発行して、薬局で購入
●毎日はりかえます
●一定期間をおきながら、サイズを小さいものの変えていくのが標準的です

ニコチネルTTS 30 387.70円/(52.5mg)30cm2/1枚 ニコチネルTTS外箱
ニコチネルTTS 20 361.70円/(35.0mg)20cm2/1枚
ニコチネルTTS 10 343.60円/(17.5mg)10cm2/1枚
チャンピックス

●処方箋を発行して、薬局で購入

成功率: 65.4 % の喫煙者が禁煙治療に成功しています。チャンピックスの薬理作用は簡単に言うと
@ニコチンが結合するニコチン受容体にチャンピックスがついてしまい、喫煙による満足感が減ってしまう。→タバコをすっても美味くない。
Aタバコを吸ったときにでる、ドーパミンという物質を少量放出することにより、禁煙の離脱症状やタバコへの切望感を和らげる。→禁煙のイライラが減る。

投与方法
1週目:禁煙開始日の1週間前よりチャンピックスを内服開始します。
1日目〜3日目   チャンピックス0.5mg 1日1回
4日目〜7日目   チャンピックス0.5mg 1日2回、朝夕食後
2週目:8日目に禁煙を開始します。チャンピックス1mg 1日2回、朝夕食後
12週目までこれを継続して内服します。
禁煙に成功した場合、禁煙を確実にするため、24週まで延長することができます。

副作用は以下のとおりです。


副作用
おもな副作用は、吐き気 12.7%  ,頭痛 8.2%  ,便秘 7.1%  ,上腹部痛  ,下痢  などと消化器症状が多く見られました。

吐き気は、内服初期に多く、最初に少量づつ開始する理由のひとつです。対策としては、@食後に服用する、A吐き気止めを併用することで対応します。
頭痛は、通常の頭痛薬を使用して大丈夫です。
また、初期の1〜2週間に、悪い夢をみることがあるようです。
しかし、ほとんどの副作用は軽度で、投薬を中止したのは、1.9 % と少数でした。
従来どおり、ニコチンパッチによる禁煙外来も行っています。禁煙のための選択肢が増えるのは禁煙のすそ野を広げるためにも良いことだと思います。お気軽にご相談ください。

・チャンピックス錠0.5mg (0.5mg 1錠):132.6円
・チャンピックス錠1mg (1mg 1錠):237.4円