山登りのページ

韓国岳にのぼってきました  2004/7/19

家族で2002年のゴールデンウィーク中に登って、五合目までしかいけなかったからというわけではありませんが、今回診療支援ソフトRS_Base(アールエス・ベース)の全国大会が鹿児島であったので、ついでに一人でのぼってきました。一人で泊まれる宿は、ビジネスホテルぐらいしかなかなかなかったのですが、なんとか見つけたのが、霧島温泉郷の一つ「湯之谷山荘」。
 7月19日朝に登山口から韓国岳に。久しぶりの山登りということで、登り始めから30分というもの、足が重くて仕方がありませんでした。1合目から順に標識がたっているのですが、汗だくになって5合目に到着。何分登ったのかと時計をみてみると、わずか40分しか登っていませんでした。五合目で休んでいると、60歳前後のグループの皆さんと合流しました。鹿児島のイズミからこられたという、なんとも変わった(失礼・・・)グループでした。五合目以降は楽しく、30分もかからずに頂上へ。頂上でも、ビールやおにぎり、枝豆、とれたてのとうもろこし、漬物、ウインナーなどをいただきました。


 本当ならそのまま、レンタカーを置いている登山口に引き返す予定でしたが、そのグループは複数の車できていて、南の「大浪池」の周囲を回りながら下るコースの登山口にも車を置いてあるということで、私も「強引に」さそわれてしまいました。

帰りの飛行機の時間を気にしながら、木の階段道をくだって「大浪池」のほとりにたどり着くと、長い階段道の疲れも忘れる眺めを楽しむことができて、しんどいけど回り道してよかったです。

 

ひとりで登った山:日曜日の早朝など、車でふもとまで跳ばして午前中に帰ってくるといったことができる。泊りがけの山行のための体力増強と兵庫県のいい山発見にもなります。

御岳(みたけ)と小金が岳 多紀連山の中心的名峰。特に小金が岳は多紀アルプスというにふさわしい気分にひたれます。 舞鶴道・丹南篠山インターから登山口までの道が分かりくいが、車で「大たわ」という鞍部まで行ってしまうと各山に1時間づつで往復可能。
三尾山 多紀アルプス西端。周囲の眺めは抜群。ただ、クマ蜂がいっぱいいて落ち着きませんでした。 舞鶴道・春日インターから南下。草山温泉近くの高速道下から登ると往復1時間半
高御位山 こんな山があるのかと思うような箱庭的岩山 加古川バイパス高砂北から、鹿島神社に駐車。かしわ餅を買ってかえりましょう
有馬富士 一番近い富士山。三田の町並みが見渡せます。 新三田駅からすぐの「県立有馬富士公園」からすぐに登れます。しいたけ園のバーベキューもいいかも・・

学童保育「どんぐり」の有志で登った山 小学生から高校生、フリーター、学童保育の指導員やおじさん連中の変わった取り合わせの面々で楽しんでいます。

白山 今年(2001年)は残雪がおおく、6月で弥陀ヶ原は一面真っ白。お花もまだ咲いていなかった。
八ヶ岳 2000年の6月に登ったが雨ばかり。おかげで、予定修正して、赤岳展望荘にとまることになり、そこのおっさん(支配人)北原一三さんに出会えたのが収穫。山と渓谷社発行の「花の山旅シリーズ・八ヶ岳」をごらんください。
白髪岳 丹波の秀峰。
丹生山系 淡河から登るマイナールートが面白い。
雪彦山 ロッククライマーにも有名な日本三彦山のひとつ。

診療所の患者さんと登った山 2000年秋の運動推進月間のときに初めて企画。

虚空蔵山 「こくぞうやま」とよみます。立杭焼の今田町の山です。山頂は展望がひらけ、降りたところが「陶の里」いろいろ買いものをして帰ってきました。

家族で登った山 一番下の子もつれての山旅故、宿泊施設からあまり時間のかからない山に限られます

岩木山 八甲田山からきれいな姿をみせていた津軽の山。弘前からレンタカーでドライブウエーをリフト乗り場まで行き、リフトで肩まで上がってしまうと、頂上までは1時間程度で登れます。そんなの登ったうちには入らないといわれそうですが、頂上からは日本海や津軽半島などすばらしい景色が一望できます。朝の内に上って、午後は白神山地方面へ足を伸ばしました。宿泊は有名な小島旅館。
八甲田山 青森から意外と近い。宿泊は八甲田山荘がお勧め。冬にスキーに来たくなります。ロープウエイであがっておくと楽に大岳にたどり着き、帰りは湿原の木道を歩いて酢ヶ湯温泉方面におりると気持ちいい。オプションで城が倉大橋から城が倉渓流を歩くのもよし。青森へはJASで行くのもいいが、寝台特急日本海だと子連れでも楽しい旅が楽しめます。
四阿山 読めますか?日本100名山の一つ、信州菅平近くの「あずまやさん」です。ただ、我が家ではその手前の根子岳まででした。真夏に登ったので暑いだけという印象でした。宿泊は分けあってにっぽんこどものジャングル の事務局である峰の原高原のペンション福永ですごしました。
立山 説明するまでもない、黒部立山アルペンルートとして観光化著しい山で、2001年夏に雷鳥沢にテントをはり、水を汲もうとすると「生水はのまないように」とのお達し。周辺の山荘も山小屋とは言えないまでになり、ついに雷鳥沢の水も汚染されはじめたのでした。子供も少しは歩けるようになるでしょうから、雄山に登るのも今回限りとして、次回からはもう少し静かな大日三山あたりにしたいと考え中。
韓国岳 患者さんの薦めで、2002年ゴールデンウィークにいきましたが、雨雨雨・・・初日に開聞岳、2日目に韓国(からくに)岳に登る予定でしたが、全然晴れることもなく、合間のぬって5合目までのぼっただけでした。